Information

展覧会概要

猫は古来より日本人が愛玩し、私たちの暮らしに寄り添ってきた動物です。そのため人との関わりのなかで語られ、あるいは絵画に描かれてきました。特に江戸時代後期には現代と同じように「猫ブーム」がたびたび到来し、日常の可愛らしい仕草をする猫はもちろん、怪談話の化け猫や擬人化された猫など、様々な猫が浮世絵や絵入り本に登場しました。また、幕末以降、猫が福を招くという俗信から、各地で招き猫の土人形が盛んに作られています。本展では、こうした江戸時代から明治時代にかけて巻き起こった「猫ブーム」の諸相を浮世絵や版本、土人形などを通して紹介します。

この展覧会はこれまで東海・近畿地方等を巡回しましたが、東日本では仙台が初開催となります。

会期2019年4月19日(金)~6月9日(日) 46日間
休館日 毎週月曜日(ただし、4月29日、5月6日は開館)、5月7日(火)
開館時間 9:00~16:45(入館は16:15まで)
会場仙台市博物館
観覧料一般・大学生1,300円(前売1,100円)、高校生700円、小・中学生500円
※前売券販売は、2019年3月1日(金)から4月18(木)まで
前売券販売所 藤崎、仙台三越、チケットぴあ(Pコード:769-478)、ローソンチケット(Lコード:22231)、セブンチケット(セブン-イレブン店頭マルチコピー機)、イープラス(http://eplus.jp/)、イオン仙台店、イオン仙台中山店、イオン仙台幸町店、イオン利府店、イオン富谷店、イオン名取店、イオン多賀城店、イオン石巻店、イオンスタイル仙台卸町、金港堂本店、金港堂泉パークタウン店、紀伊國屋書店仙台店、仙台市博物館ミュージアムショップ、
ミヤギテレビ事業部(Tel. 022-215-7700)
主催「いつだって猫展」仙台展実行委員会(仙台市博物館・ミヤギテレビ)
後援宮城県、宮城県教育委員会、宮城県文化振興財団、仙台市市民文化事業団、河北新報社、毎日新聞仙台支局、朝日新聞仙台総局、読売新聞東北総局、産経新聞社東北総局、日本経済新聞社仙台支局、仙台リビング新聞社、岩手日日新聞社、山形新聞・山形放送、福島民友新聞社、NHK仙台放送局、TBC東北放送、仙台放送、KHB東日本放送、エフエム仙台、ラジオ3FM76.2、テレビ岩手、福島中央テレビ
展示構成第1章 江戸の暮らしと猫
第2章 化ける猫
第3章 人か猫か、猫か人か
第4章 福を招く猫
第5章 おもちゃ絵になった猫
 

Highlights

みどころ

第一章

江戸の暮らしと猫

人々の暮らしのなかで猫はどのように受け入れられてきたのでしょうか。猫は少なくとも弥生時代中期から日本にいたとみられ、奈良・平安時代以降はその希少性から上流階級に愛玩されるペットとなりました。

しかし江戸時代にはいると、猫は庶民の生活のなかに溶け込み、鼠を捕まえる益獣として重宝され、さらに魔を祓う縁起物としてもみなされました。またその一方で魔性を持つ動物としても捉えられています。

本章では鼠退治に奮闘する猫や女性の魅力をひきたてるマスコットとしての猫、伝承に残る怪しい猫などをご紹介することで、猫ブームが生み出された土壌ともいうべき江戸の人々が抱く猫のイメージを皆さんに共有していただきます。

※画像をクリックすると拡大します。

ねずみと猫

歌川芳艶「猫ねつみどうけかつせん」
弘化元~弘化3年(1844-46) 個人蔵

猫と鼠は恰好のライバル。その両者の戦いを滑稽に描く。鼠は張子の犬をけしかけて猫を脅している。どうやら鼠の方が優勢のよう。まるで江戸版トムとジェリー?!

美人と猫

歌川国芳「山海愛度図会 七 ヲゝいたい 越中滑川大蛸」
嘉永5年(1852) 個人蔵

各地の名所と、「~たい。」美人を取り合わせたシリーズ。飼い猫にじゃれつかれて、「おお痛い。」

第二章

化ける猫

江戸時代後期には歌舞伎や合巻本の復讐譚に欠かせない素材として化け猫たちが登場し、大活躍しました。特に文政10年(1827)、歌舞伎芝居「独道中五十三駅」で三代目尾上菊五郎が化け猫の精を演じて大評判となり、以後、化け猫物は繰り返し上演される人気演目となりました。

このとき、四代目鶴屋南北によって創作された化け猫像―十二単を着た老婆が夜な夜な行灯の油をなめるーは第1章でみてきたように、江戸時代の人々が猫から連想するイメージ、女三宮や踊る猫、老婆に取り憑く猫―が集約されたものといえるでしょう。

本章では、こうした化け猫ブームのなかで、つくりあげられてきた猫の姿をご紹介します。

※画像をクリックすると拡大します。

歌川国芳「日本駄右エ門猫之古事」
弘化4年(1847) 個人蔵

弘化4年(1847)7月市村座上演の「尾上梅寿一代噺」に取材した役者絵。中央の老婆が三代目尾上菊五郎。破れた御簾の向こうから正面を見据える大きな猫の顔が大迫力!

歌川国芳「荷宝蔵壁のむだ書」
嘉永元年(1848) 個人蔵

役者似顔絵を壁の落書き風に描いた浮世絵。そのなかに手ぬぐいをかぶって踊る化け猫も登場している。「大でき 大でき」は大評判の演目でしたよ、の意味。

第三章

人か猫か、猫か人か

天保12、13年(1841,42)頃、江戸に大きな「猫ブーム」が到来しました。愛猫家でもある歌川国芳が次々と猫を題材とした浮世絵を発表したのです。その評判は当時の合巻でも「今世の中の流行」として紹介されています。彼の描いた作品をよく見ると、猫の顔が歌舞伎役者の似顔絵になっている一方、猫たちが擬人化されたものがあります。人が猫に化けたのか、はたまた猫が人に化けたのか。

第1章で紹介したように、猫は人の暮らしと密接につながり、私たちの観察対象となることもしばしばです。また表情が豊かであるからこそ、私たちは彼らに人格を見いだしてしまうのかもしれません。

本章ではまず天保の猫ブームを生み出した背景として、歌舞伎役者である二代目市川九蔵が猫の顔を描いた団扇を持って踊った歌舞伎芝居や、猫を主人公とした合巻を紹介します。さらに天保の猫ブームのなか生み出された浮世絵と、このブームの立役者である浮世絵師歌川国芳をご紹介いたします。

※画像をクリックすると拡大します。

ブームの背景

歌川国芳「二代目市川九蔵のあわしま庄太夫」
天保12年(1841) 個人蔵

天保12年(1841)8月市村座で上演された「種花蝶蝶色成秋」の五幕目浄瑠璃「乱朝恋山崎」に取材。このとき猫の顔が描かれた団扇絵を使って恋占いをし、こっけいに踊る演出で評判をとったとみられる。

猫のような人

歌川国芳「猫の百面相 荒獅子男之助 ほか」
天保12年(1841)頃 個人蔵

鏡に映った猫の顔は、いずれも歌舞伎役者の似顔絵。『紅葉錦伊達傘』に示された作品そのものではないが、国芳の「百面相」人気を証する作品。

人のような猫

歌川国芳「流行猫の曲鞠」
天保12年(1841) 個人蔵

浅草奥山で菊川国丸が曲鞠の興業を行って評判をとった。その姿を国芳が猫を擬人化させて描いたもの。

奇妙な猫

歌川国芳「絵鏡台合かゝ身 猫」
天保13年(1842年) 個人蔵

猫の組み体操?いやいや、実はこれ、影絵になっている。向かって右から「獅子頭」「ミミズク」「般若面(はんにゃあめん)」のシルエット。切り抜いて団扇に貼り込み、答えになる絵とともに表裏で楽しむ仕掛けとなっている。

歌川国芳「猫の当字 かつを」
天保14年(1843) 個人蔵

猫と鰹で「かつを」を形作るユーモラスで、猫のかわいさ満点の作品。落款の周りも猫の首紐で囲まれる。他に「たこ」、「なまづ」が出品予定。

歌川国芳「たとゑ尽の内」
嘉永5年(1852) (部分) 個人蔵

猫に関する「例え」を絵で表す。左上は「猫も食わない」。まずいものを表す例えだが、この絵では美味しそうなお菓子が見えている。

こんなところにも猫

歌川国芳「国芳もやう 正札附現金男 野晒悟助」
弘化2年(1845)頃 個人蔵

野晒悟助は読本の登場人物で強きをくじき弱きを助けるヒーロー。どくろ模様の着物がトレードマークだが、この作品では国芳ならではのアイデアが光る!

国芳エッセンスの継承者

歌川芳藤「五拾三次之内猫之怪」
弘化4年(1847)個人蔵

9匹の猫が集まって巨大化け猫を形作る。舌は首紐、目は鈴。怖いやらかわいいやら。

第四章

福を招く猫

嘉永5年(1852)、江戸で「丸〆猫(まるしめのねこ)」「招き猫」と呼ばれる今戸焼の土人形が招福のシンボルとして流行しました。残念ながらこの「丸〆猫」ブームは4,5年で終息したようです。しかし、その後も招き猫は全国各地に拡がって制作され続け、さまざまなバリエーションが生み出されました。招き猫の根強い人気は現代へも連綿とつながっており、私たちの住む町のあちこちで、あの福福しい姿を目にすることができます。

この章では、嘉永の招き猫ブームにまつわる資料に加え、明治以後に続々と誕生した日本全国の招き猫たちが大集合します。

※画像をクリックすると拡大します。

丸〆猫の登場

「丸〆猫」
嘉永5~安政6年(1852-59)頃 新宿区教育委員会蔵

江戸にあった尾張藩川田久保屋敷から出土。嘉永5年ブーム時のものと同定できる資料。

歌川広重「浄るり町繁花の図 せうちう屋ほか」
嘉永5年(1852) 個人蔵

浄瑠璃の登場人物を物売りに見立てたもの。それぞれ物語に関連の深い物を販売している。画面左上では西行が娘(花魁)に「丸〆猫」を販売中。

「まねき猫狂教説」
安政7年(万延元・1860) 著 名古屋市博物館蔵

江戸の招き猫ブームの情報が地方にも伝播していたことが分かる資料。

招き猫大集合

「招き猫」
全て個人蔵

第五章

おもちゃ絵になった猫

江戸時代末期から明治時代にかけて、子どもの手遊びとした簡易な浮世絵「おもちゃ絵」が大量に生産されましたが、そのなかで猫を題材としたものが多く残っています。これらを見ると、猫がいかに子どもたちに愛される動物であったかということがよく分かります。「おもちゃ絵」に見る猫の世界をご覧いただくとともに、一部のおもちゃ絵を復元し、その楽しさを体感していただきます。

※画像をクリックすると拡大します。

猫の世界に遊ぶ

小林幾英「新板猫の勉強学校」
明治20年(1887) 個人蔵

学校の様子を猫を擬人化して描く。3段目、体操の授業で、運動する猫の愛らしさといったら!

「猫鼠十六むさし」
明治 個人蔵

猫と鼠を題材にしたボードゲーム。中央に置かれているのが猫。まわりを取り囲むのが鼠。

猫で遊ぶ

「大新板猫のいしよう付」
明治前期 個人蔵

猫の着せ替え人形、いや、着せ替え猫形(にゃんぎょう)といったところ。女性、男性、娘、子どもの男女の着せ替えができるようになっている。洋装があるところに時代を感じる。

四代歌川国政「福鼠戯双六」
明治16年(1883) 個人蔵

 

News

お知らせ

イベント情報

記念講演会

2019年4月20日(土) 13:30〜15:00
①「江戸の猫ブーム」
講師:津田卓子氏(本展企画者・名古屋市博物館学芸員)
2019年5月11日(土) 13:30〜15:00
②「東北の猫たちと人とのホットな関係
-民俗事例を中心に-」

講師:石黒伸一朗氏(村田町歴史みらい館専門員)
会場:仙台市博物館ホール(定員200名)
事前申込制・無料

体験

2019年5月12日(日)
③招き猫絵付け体験
午前の部 10:00~12:00
午後の部 13:30~15:30
講師:博物館職員
定員:各回30名(小学生以上)
参加費:500円(当日集金)
会場:仙台市博物館講習室
事前申込制・有料
応募方法
①~③の各イベントに参加をご希望の方は、1名様1回につき1枚の往復はがきに、住所・氏名(ふりがな)・電話番号・希望する行事の番号(一つ)を明記し、
〒980-0862 仙台市青葉区川内26 仙台市博物館「いつだって猫展」係
までお申込みください。
また③は午前・午後の希望を記入してください。
申込〆切:①4/3(水)、②4/17(水)、③4/19(金)消印有効。応募多数の場合は抽選。

会場内イベント

会期中
猫またクイズ
「猫また」が出題するクイズに挑戦しよう!
人気ニャンキング
お気に入りの猫作品に投票しよう!

プレイミュージアムイベント

会期中
あなたも摺り師〜猫版画〜
会場:博物館プレイミュージアム
※常設展観覧券が必要です
※申込不要・材料費無料
 

Goods

オリジナルグッズ

A4もこもこファイル~折り紙つき~

A4もこもこファイル~折り紙つき~

500円

A4クリアファイル

A4クリアファイル

400円

チケットファイル

380円

サーモステンレスボトル

2,000円

液晶レンズクリーナー

600円

ガチャ)絵馬根付

200円

ガーゼハンカチ

700円

猫の当て字キーホルダー

600円

アクリルマグネット

600円

豆皿

1500円

猫チョコボックス

800円

猫相撲根付セット

800円

おはじきキャンディボックス

400円

コスチュームキューピー®

800円

もこもこボックス(ホワイトチョコクランチ)

900円

Tシャツ

2,300円

注染手ぬぐい

1,400円

ツバメノート

450円

トートバッグ

1,500円

ポストカード

150円

 

Access

アクセス

仙台市博物館

〒980-0862 仙台市青葉区川内26番地

交通について

仙台市地下鉄東西線ご利用の場合 地下鉄東西線「仙台駅」から八木山動物公園行きに乗車、「国際センター駅」下車、南1出口から徒歩約8分
るーぷる仙台(バス)ご利用の場合 仙台駅西口バスプール16番乗り場より「るーぷる仙台」で20分、博物館・国際センター前下車、徒歩3分
お車の場合 仙台宮城インターより約15分(駐車場:普通車50台、バス5台駐車可能)

※駐車場には限りがありますので公共交通機関のご利用をお願いいたします。